ホームページ

外国人観光客

スタッフ教育のシステム

必ず書面で残す!

個人事業主や小さなお店にありがちな口約束を防ぐためです。書面で残すことが必要です。募集したスタッフが全員が全員、いいスタッフとは限りません。なかには雇い主との常識が通じないスタッフがいます。そのスタッフが条件違反、規則違反した際に、罰則で明記していると処分をしやすいからです。
アフターコロナ

外国人観光客との連絡方法について

私は、韓国のお客様には、カカオトーク、中国、台湾のお客様には、WhatupやGmailを使っています。国でアプリを使うのが違うので、国ごとにアプリも分けています。また、分ける事で、どの国のお客様からの問い合わせかがすぐにわかるので、最初から分けていると便利です。
SNS

気になる商品とは!

それから再度、興味があるので、再びページを見に来ます。その時、商品の新しい情報がないとお客様は、すぐにそのページから離れていきます。興味のある商品ですが、商品を購入してくれません。興味のある、気になる商品を継続して見て頂く、購入まで足を止めてもらうには、常に新しい情報を提供し続ける事が大切です。
スポンサーリンク
SNS

インバウンドの集客!

その具体的な方法の1つでインスタをうまく使う方法があります。#タグです。#英語 #ハングル語 #中国語、インスタは言葉ではなく、写真や動画がメインですので、外国人でもわかりやすく伝わりやすいのです。また、世界中の人が使っているので、広がりも期待できます。
アフターコロナ

客足は戻るのか!

コロナが始まった頃から敏感に、コロナ対策をしていれば、お客様の意識にイメージに、このお店は大丈夫、清潔に対応していると消費者の意識に植え付けられたと思います。しかし、対策をしたのは、アフターコロナ、コロナが終息してからなので、消費者の意識の中には、まだ、小汚いお店、清潔ではないお店のイメージがあるので、お店から足が遠のいているのが理由です。
アフターコロナ

リベンジ消費に向けてのスタッフを確保する!

観光業も一緒で、外国人観光客、インバウンドの稼働が増えてくると、対応できないことになるかも知れません。数か月後、数年後には、インバウンドリベンジ消費がやってきますが、その時の受け入れ態勢は整っていますか。スタッフの受け入れ態勢は問題ありませんか。
アフターコロナ

インバウンドバブルについて!

旅行が解禁になると、日本にはインバウンドバブルがリベンジ消費としてやってきます。外国人観光客は、日本の情報を今から探し、チェックしています。今から、SNSで外国語表記の発信、スタッフなどの受け入れ態勢の強化をしていかないと、リベンジ消費に良いスタートが出来なくなります。
ひきつける接客術のシステム

アフターコロナ!インバウンドの対応について!

外国人観光客の接客、応対は、どうすれば良いか!結論から言うと、外国人も日本人も接客や応対は一緒です。日本人に接するようにすれば、言葉の通じない外国人にも問題はありません。仕事のセリフを全て覚えて、それをただ、伝えているだけです。仕事で必要なセリフをすべて覚えているのです。
SEO

行動すれば成功する!

失敗しても、修正して、また、やり直し、トライしていく、そのうちに、スムーズに行く方法や正しい理論がわかってきます。行動するから、失敗の経験、成功の経験が得られます。行動しないと何も得られません。たくさんの失敗を修正して、うまく行く方法を見つけてきただけです。
SEO

お客様は広告を見ただけでは商品を買いません!

なぜなら、お客様は、すぐには商品を買わないからです。興味のある商品を検索して、そのあと、何度も商品をチェックします。お客様は、たくさんの商品の情報を集めます。掲示板、レビューは、実際の購入したお客様の声が掲載されていますので、興味のあるお客様は、クチコミを必ず確認します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました