ホームページ

自社

SNS

沖縄のコテージ!ホームページがないので旅行サイト頼りでは経営は安定しません!

1点目の旅行サイト頼りですが、今の現状だと、100%旅行サイトからの予約になっています。もし、旅行サイトが潰れたり、不都合が生じた場合は、100%の予約が入らないという事になります。100%の売り上げがなくなるの意味です。それで、50%以上(希望は80%)は、自社での売り上げや予約がある方が経営は安定します。
SNS

大分県湯布院温泉の温泉旅館!今すぐにでも予約したくなるお宿!素晴らしい経営です!

SNSではインスタとフェイスブックを2名の担当者の名前を入れてほぼ毎日更新しています。自社のサイトにレビューを見れる状態にしてある宿泊業はとても少ないのが現状です。興味のあるお客様は、宿泊したいけど、他社との「比較対象の材料」や「評価の内容」を知りたいのですが、レビューがないと比較対象する材料がないのが現状です。OTAサイトレビューへのアドレスの貼り付けでも、評価の対象が出来るのでレビューが閲覧できる状態は評価出来ます。
SNS

福島県会津東山温泉の温泉旅館さん!インスタが予約の押し売りに!インスタは誘導するのみです!

まず、1点目のインスタでの誘導が予約に直結している点です。インスタで写真の最後に、LINE予約の誘導があります。正直「予約をすぐに欲しい」「予約をインスタ内で完結しよう」としているのが見え見えです。インスタを見ていると、何か、焦りを感じるくらいです。インスタの役割は「興味のあるお客様を増やす」、増やしてプロフィール欄(ホームページアドレス)への誘導をするのがインスタ、SNSでの役割です。
スポンサーリンク
SNS

SNSとレビューで新しい情報を発信すれば予約は増えます!(群馬県みなかみ温泉の温泉旅館)

トリップアドバイザーの統計でも、80%のお客様が、新しいレビューを必ずチェックするとの統計があります。せっかく、Googleレビューでは、高い評価なので、そのレビューを自社のHPに貼り付けるだけで、興味があって予約を検討しているお客様の背中を後押ししてくれます。自社のレビューがあるだけで、予約は伸びていきます。
SNS

ダイビング業界の繁盛店!SNSがHPを活かしている素晴らしい内容の事例です!

一番、感心したのは、商品のメニューの多さです。商品が階段状になっていて、ステップであがっていく感じです。単純に商品が50個あると、沖縄でダイビングを一年に一回のリピーターさんでも、1~50の商品のステップ、全部の商品を購買するのに、50年はかかります。50年間リピーターさんがいるという計算になります。この階段状、ステップ式の経営は、とても素晴らしいです。
SNS

長野県信州松本の温泉旅館!SNSでの発信がないと予約は増えません!

素晴らしいお宿とホームページですが、情報が少ないのと新しい情報ではないのが現状です。ホームページで情報は発信していると誤解しがちですが、ホームページは、一度作ると固定されますので、一番古い情報になります。最新の情報ではないのです。これもホームページでの誤解になりますが、ホームページは、オーナーの想いが入っているホームページなら、カッコよくなくても問題はありません。それで、私は経費のかからない自前のホームページをお勧めしています。
SNS

下呂温泉の温泉旅館!

レビューは、自社のレビューを作り、旅館からの返信をするようにして下さい。レビューは、予約を検討しているお客様は必ずチェックするからです。トリップアドバイザーの統計から、最新レビューのチェックは80%!興味があって予約を検討しているお客様の8割がレビューをチェックします。
SNS

那須高原のペンション!改善点なし!素晴らしいです!

那須高原のペンション!具体的に何をしているかというと、自社の強みをホームページで全面に出す!毎日SNSで情報の発信をする!自社のホームページにレビューを貼り付けて、ペンションオーナーからの返信もきちんとしている!
SNS

大阪府のゲストハウス!

改善点の2つ目は、自社レビューの掲載になります。せっかく、グーグルのクチコミには、良い書き込みがあるのに、もったいないです。グーグルのレビューをゲストハウスの自社レビューに、コピーして貼り付けるだけでも効果はあります。グーグルのクチコミには「お部屋が綺麗だった」とあります。このホテルの強みでもあり、お客様が予約を決める要素の1つにもなりますので、このレビューを全面に出すべきです。
SNS

茨城県つくば市のビジネスホテル!

改善点の1つ目は、SNSです。ツイッターとフェイスブック、公式ブログがありますが、毎日、更新して下さい。記事内容は、ホテル周辺の居酒屋や食事が出来る場所を一日1店舗掲載して下さい。ビジネスマンの楽しみは、疲れた体をゆっくり休める場所と仕事終わりの一杯、地元の美味しい食べ物です。それで、ビジネスマンが欲しい情報を掲載していくという意味です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました