ホームページ

福島県磐梯熱海温泉の温泉旅館!ホームページにレビュー(お客様の声)!逆効果です!すぐに改善して下さい。

SNS
きめ細やかなサービスで定評のある磐梯熱海温泉の温泉旅館! ※写真はイメージです

コンサルトワークショップの新垣です。

本日は、私のインスタにフォローしていただいている、福島県磐梯熱海温泉にある温泉旅館さん、ホームページやSNS、レビューをチェックしていきます。

私のコンサルタントでは、お店や商品のネット環境をチェックして経営の改善や方向性、継続して集客が出来るお店にしていく事をコンセプトにしています。

「売り上げをあげる=お店が繁盛する」「売り上げを継続させる=経営が安定する」為に必要な事は、SNSで「たくさんの情報量」と「質のいい情報」「お店や商品の強み」を全面に出す事が重要になります。

とても重要なので、もう一度言います!

売り上げをあげて継続させるには!

1 たくさんの情報量=SNSで毎日情報を発信する!

2 質のいい情報=タイムリーや品質!内容など!お客様が得する情報をSNSで発信する!

3 強みを出す=お店や商品の強みや独自性をSNSで発信する!

SNSでの役割は「興味のあるお客様を集める」「そのうち客をたくさん集める」ホームページへ誘導する事が一番の重要な役割です。なぜ、ホームページへ誘導するのが大切かと言うと、ホームページで商品を購入、予約、ホームページはお客様が購買する最終の受け皿だからです。

とても重要なので、もう一度言います!

SNSでの役割は!

1 興味のあるお客様を集める=ホームページへ誘導する!

2 そのうち客を集める=ホームページへ誘導する!

3 ホームページで商品を購入!予約します!

きめ細やかな料理の提供で人気のある温泉旅館です! ※写真はイメージです

福島県磐梯熱海温泉にある温泉旅館さんのネット環境をチェックします。SNSやホームページも大切ですが、ここでは、一番気になった「レビュー(お客様の声)」について詳しく書いていきたいと思います。

ホテルや旅館、自社のホームページにレビューを載せている宿泊業は、以外に少ないのが現状です。これは「スタッフが対応出来ない」「レビューを促すタイミングがつかめない」「めんどくさい」「重要視していない」など、対応は様々だと思います。

この福島県磐梯熱海温泉の温泉旅館さん「レビュー(お客様の声)」があるのは、とても良い事です。

しかし、問題点が二つあります。

一つ目は、レビューの記事内容です。

二つ目は、旅館からの返信記事がない点です。

一つ目のレビューの内容ですが、ホテルの感想などを、チェックアウト時に「お客様から聞いて」スタッフがワープロで文章としてホームページのレビューに打ち込んでいるかと思います。これは、レビューの文章内容が、言葉も少なく、良い内容だけが書かれていて、記事の内容が偏っているのがすぐにわかります。レビューを参考に読んでいる方は、旅館のスタッフが書いている、イコール「嘘のレビュー」と勘違いする可能性が高いのです。

良いレビューを載せたい気持ちはわかりますが「嘘」のレビューを書く旅館へは、お客様は宿泊しません。

「お客様から聞いた声」を載せるのではなく、レビューに直接書いてもらう、もしくは、グーグルのコメントに旅館の素晴らしいレビュー、書き込みがあるので、それを自社のホームページ、レビューに貼り付ける方が効果は高いです。「嘘のレビュー」はお客様が勘違いする可能性が高いので、今すぐに切り替えた方がいいです。

二つ目の返信記事の点は、旅館から誠意を持って、すぐに返信をすると言う意味です。これは、たとえ、クレームでも削除はせずにそのまま掲載して、すぐに誠意を持って返信をして下さい。良い記事でも悪い記事でも、興味のあるお客様は、参考にします。ここで、重要なのは、旅館側が、誠意を持ってすぐに対応、返信をしているかという点です。クレームでも、きちんとお客様に誠意を持って対応しているのが伝われば、クレームでも、逆に旅館の評価は高くなります。

グーグルコメントでも高い評価の温泉旅館です! ※写真はイメージです

なぜ?「興味のあるお客様を増やす」「そのうち客を増やす」のが経営には重要かと言うと「お客様のストックが継続している」という意味になります。

SNSの毎日の発信で毎年、予約してくれそうなお客様を増やし続けているという事です。これは、予約を継続して、経営を安定させるには、とても重要です。

来年のお客様がいなくなれば、経営は出来なくなります。お客様のストックを作る事は経営には必須で「興味のあるお客様」や「そのうち客を増やす」には、SNSでの継続しての発信が必須になります。

とても重要なので、もう一度言います!

経営を安定させるには!

1 経営には必須=興味のあるお客様を増やす!そのうち客を増やす!

2 興味のあるお客様を増やす!そのうち客を増やす=SNSでの継続発信が必須です!

レビューの重要性!

「興味のあるお客様」や「そのうち客」の背中を押してくれるのはレビューです。この福島県磐梯熱海温泉の温泉旅館さん、グーグルでのクチコミは、大変、素晴らしい内容のコメントがあります。このレビューをホテルのホームページで一か所に集めて、レビューとして掲載すると良い効果が生まれます。

当たり前ですが、お客様は予約をする前に、商品を必ずチェックします。チェックする素材として一番信頼度が高いのが、実際に購入した、宿泊したお客様のコメントを聞くのが一番の信頼性があるからです。

人間の購買の流れで「信用」「信頼」「納得」して、購入、予約をしていきます。人間は悪い商品を購入したくない、損をしたくない気持ちがありますので、商品を納得するまで調べます。

その後、商品を「信用」「信頼」「納得」出来ると、購入、予約になります。「興味のあるお客様」や「そのうち客」の背中を押してくれる、納得させる素材のレビューは必須になります。

とても重要なので、もう一度言います!

「興味のあるお客様」や「そのうち客」の予約をうながすのは!

1 レビューは必須=「興味のあるお客様」や「そのうち客」を納得させる!

2 レビューは必須=「興味のあるお客様」や「そのうち客」の購買を後押しをする!

朝ご飯も美味しいと好評の温泉旅館です! ※写真はイメージです

コンサルタントブック(毎週オンラインセミナーを開催中!)

ネット社会ではSNSをうまく使わないと予約は増えません!
外国人観光客の集客には外国語表記とSNSでの発信が必須です!

セミナーから学ぶスタイル(様々なテーマから貴社に必要な内容をシステム化していきます)

安定した経営には良いクチコミとリピーターが必須です!
接客ひとつで経営が変わります!リピートしてもらう接客をしていますか!
業務の簡素化!デジタルへ移行しないとお客様は離れていきます!
統計からわかる自社のお客様の客層とは!

大学での特別授業!社員教育の一環のセミナー内容になります。

思考から行動に導く!自己啓発スタイル!
時代は常に変化しています!時代の変化をつかむセミナー!

貴社の集客力をあげリピートする具体的なシステムを作り!そのシステムの構築!

30年の経験から得た知識でわかりやすく解説していきます!

コンサルタント対象者

観光業/飲食店をこれから始められる方!

観光業/飲食店を始めてまだ間もない方!

観光業/飲食店を始めて5年くらい手さぐり状態の経営の方!

インバウンドの集客が欲しい方!

経営に関するご質問など無料でお答えします。ホームページやSNS無料診断実施中!お問い合わせページから、お問い合わせして下さい。

観光業/飲食店向けのコンサルタント【コンサルタントワークショップ】

観光|集客|リピート|インバウンド|外国人対応|システム|宿|ホテル|レンタル|お土産|ツアー|ペンション|経営|
貴社の集客を上げリピートして頂くシステムを作ります。観光客の集客がわかる。リピートして頂くシステム作り。外国人インバウンドの対応。観光の集客を上げる方法。観光のシステム作り。観光の売り上げを上げる方法。インバウンドのシステム作り。

お問い合わせページ

【貴社の売り上げを上げリピートして頂くシステムを作ります!YouTube】

売り上げをあげるユーチューブ!

【貴社の売り上げを上げリピートして頂くシステムを作ります!YouTube】

クチコミをうながすユーチューブ!

のんびりゆっくり沖縄自然体験エコツアー【沖縄プロデュースカマダ】

沖縄|自然|体験|エコ|ツアー|プロデュース|カマダ|キャニオニング|のんびり|ゆっくり|子供|リバートレッキング|沢登り|シュノーケリング|SUP|リラックス
のんびりゆっくり沖縄自然体験エコツアー。沖縄の大自然がフィールド!体力に自信のない方、お子様連れのご家族、のんびりゆっくり沖縄の自然が満喫できます。本格的な、キャニオニング、子供たちは、リバートレッキング、海では、SUPやシュノーケリングが楽しめます。

Pota Pota Bike 【アメリカンビレッジキックボードレンタル】

沖縄美浜アメリカンビレッジの観光スポットを散策 | PotaPotaBike-ポタポタバイク
PotaPotaBike|沖縄,美浜アメリカンビレッジでポタリングならポタポタバイク - 沖縄,美浜アメリカンビレッジで観光スポットを散策するならポタポタバイク!海風にあたりながらポタリングを楽しもう! - 沖縄,美浜アメリカンビレッジで観光スポットを散策するならポタポタバイク!海風にあたりながらポタリングを楽しもう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました