ホームページ

内容

SNS

群馬県草津温泉の温泉ホテル!SNSの発信内容が弱くて、お金をかけたホームページが活かされていません!

この大きな温泉ホテルさんは、SNSの担当者もいると思いますが、SNSの更新頻度が少ないのと、発信の内容が「群馬県民割り」などのお知らせ的な記事内容が多く、温泉ホテルの魅力がSNSからは感じられません。
SNS

長野県松本市にあるゲストハウス!しっかりとしたコンセプトが素晴らしい経営です!

良い所の1点目は、コンセプトがしっかりしている点です。多くのゲストハウスに、共有スペース(コミュニティースペース)がありますが、このゲストハウスは、近隣が住宅地の為に、何時から何時までの利用としっかりホームページに明記しています。ゲストハウス、交流の場で、うるさいのイメージがつきますが、このゲストハウスは、最初から明記しているので、そういうお客様は宿泊しません。ホームページを見て、最初から、コンセプトがしっかりしているので、そういうお客様が宿泊するように流れが出来上がっています。
SNS

沖縄のコテージ!ホームページがないので旅行サイト頼りでは経営は安定しません!

1点目の旅行サイト頼りですが、今の現状だと、100%旅行サイトからの予約になっています。もし、旅行サイトが潰れたり、不都合が生じた場合は、100%の予約が入らないという事になります。100%の売り上げがなくなるの意味です。それで、50%以上(希望は80%)は、自社での売り上げや予約がある方が経営は安定します。
スポンサーリンク
SNS

田沢湖のリゾートホテル!SNSでの発信が少ない!レビューのまばらな返信が気になります!

まず1点目のSNSでの更新頻度、ツイッター、フェイスブック、インスタの3つがありますが、どちらも更新頻度が、月に1度程度の更新になっています。これは、リゾートホテルの営業を月に1度しか行っていないことを意味しています。SNSでの更新でリゾートホテルは営業している、毎日の情報の発信でお客様にリゾートホテルをアピールし続けなければいけません。
SNS

軽井沢のホテル!スタッフの教育が素晴らしい!リピートわかります!

この軽井沢ホテルのスタッフ「素晴らしい接客」です。どの観光業の皆様も見習って欲しい良い事例です。スタッフが以前に宿泊したお客様を覚える事で、リピートしていく流れが出来上がるからです。皆様もご存じかと思いますが、リピーターさん、リピートするという事は、経営に直結します。リピーターさんは、毎回、何度もホテルに予約してくれます。それも、新規のお客様ではないので、営業にパワーも経費を使うことなく、向こうから来店してくれます。
SNS

石川県輪島ねぶた温泉の温泉旅館さん!インスタでの細かい記事内容!旅館のファンになります!

ここで注目したいのは、SNSでの発信内容になります。インスタからの連動しているフェイスブックの流れで、更新する記事内容は同じですが(SNSでの発信は内容は一緒でも大丈夫です)記事の内容が素晴らしいです。記事内容が、細かく丁寧、詳しく地元の情報を発信しています。
SNS

大分県湯布院温泉の温泉旅館!今すぐにでも予約したくなるお宿!素晴らしい経営です!

SNSではインスタとフェイスブックを2名の担当者の名前を入れてほぼ毎日更新しています。自社のサイトにレビューを見れる状態にしてある宿泊業はとても少ないのが現状です。興味のあるお客様は、宿泊したいけど、他社との「比較対象の材料」や「評価の内容」を知りたいのですが、レビューがないと比較対象する材料がないのが現状です。OTAサイトレビューへのアドレスの貼り付けでも、評価の対象が出来るのでレビューが閲覧できる状態は評価出来ます。
SNS

石川県輪島温泉の温泉旅館さん!HPにレビューあり!SNS!ブログ!たくさんの情報の発信で予約は増えます!

結論から言うと、素晴らしい内容のネット環境です。たくさんのブログやSNSがあり、たくさんの情報を発信されていて、レビューもOTAのサイトレビュー「楽天トラベル」「じゃらん」貼り付けのアドレスですが、自社のサイトからお客様のレビュー(書き込み)が見える状態になっています。
SNS

愛媛県のビジネスホテル(グーグルレビューの返信対応!SNSの更新頻度)素晴らしい対応です!

もうひと工夫してほしいのが、インスタになりますが、料理の写真最後に、ホテルプロフィール欄、ホームページアドレスへの誘導と保存の誘導がありません。この2つの誘導をつけるだけで、興味のあるお客様を確実に誘導出来ます。
SNS

長野県昼神温泉の温泉旅館!インスタの内容が温かみのあるサービス!!

インスタの記事内容では「宿泊客への温かい習字のお手紙」を掲載していますが、とても素晴らしい内容です。このインスタ掲載は、始めてみましたが、ホテルや旅館のお手本になります。絶対に真似した方がいいです。当たり前ですが、良いお手本を真似する事は、最短で商品が売れるという意味です。真似すると予約数は確実に増えます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました