ホームページ

強み

SNS

静岡県の大きなシティーホテル!ツイッターでの発信が「おはようございます」のみ!ホテルの公式ツイッターですよね?個人のツイッターではないですよね?

個人のアカウントなら、関係ないのですが、ホテルの公式ツイッター、それも割と大きなシティーホテルです。そのシティーホテルの発信が「おはようございます」程度の発信だと、ホテルの質を疑います。お客様は、ホテルの発信のひとつからでも、たくさんの事をイメージしてきます。
SNS

嬉野温泉の洋館スタイルの温泉ホテル!コンセプト(強み)がハッキリしていて素晴らしい経営です!

ホテルのコンセプト!強み!「丘の上に立つ洋館のホテル」「温泉も楽しめる」「洋食スタイルのお料理」「和室ではなくベッドの洋室」。これだけ、他社の温泉ホテルと見比べても一目で違いがわかる、独自性が伝わる、素晴らしい経営だと思います。コンセプトがしっかりしているのは、一番の強みです。
SNS

群馬県草津温泉の温泉ホテル!SNSの発信内容が弱くて、お金をかけたホームページが活かされていません!

この大きな温泉ホテルさんは、SNSの担当者もいると思いますが、SNSの更新頻度が少ないのと、発信の内容が「群馬県民割り」などのお知らせ的な記事内容が多く、温泉ホテルの魅力がSNSからは感じられません。
スポンサーリンク
SNS

レビューで予約は増える!具体的な実例です!

当たり前ですが、お客様は予約をする前に、商品を必ずチェックします。チェックする素材として一番信頼度が高いのが、実際に購入した、宿泊したお客様のコメントを聞くのが一番の信頼性があるからです。
SNS

長野県松本市にあるゲストハウス!しっかりとしたコンセプトが素晴らしい経営です!

良い所の1点目は、コンセプトがしっかりしている点です。多くのゲストハウスに、共有スペース(コミュニティースペース)がありますが、このゲストハウスは、近隣が住宅地の為に、何時から何時までの利用としっかりホームページに明記しています。ゲストハウス、交流の場で、うるさいのイメージがつきますが、このゲストハウスは、最初から明記しているので、そういうお客様は宿泊しません。ホームページを見て、最初から、コンセプトがしっかりしているので、そういうお客様が宿泊するように流れが出来上がっています。
SNS

湯布院にオープン予定のお宿!SNSでの発信はお宿の情報と個人的な情報は分ける!

オープン前に、ツイッターでお宿が出来上がるまでの状態、近況報告を発信することは、とても素晴らしい事です。ツイッターなので、個人でつぶやくの意味合いが強いのは、わかりますが、今の発信している記事内容は、個人的な内容、言葉も友達につぶやいているような言葉使いになっています。
SNS

奈良県の料亭とお宿の旅亭さん!料亭らしい季節の食材がSNSでの発信があると予約は増えます!

お客様は、地元の食材を使った美味しい料理、地元の美味しいお酒を楽しみにして来店する、また、ネットで検索していると思います。料亭ですので、目的は、料理や料理を楽しませてくれるお酒という事になります。来店の目的が、食事やお酒を楽しみたいので、SNSでも、地元の旬な食材、美味しい地酒、酒蔵などのローカルな情報が発信されると、より美味しい料理がさらに引き立てられて旅亭の評価も上がり、予約は増えていきます。
SNS

沖縄のコテージ!ホームページがないので旅行サイト頼りでは経営は安定しません!

1点目の旅行サイト頼りですが、今の現状だと、100%旅行サイトからの予約になっています。もし、旅行サイトが潰れたり、不都合が生じた場合は、100%の予約が入らないという事になります。100%の売り上げがなくなるの意味です。それで、50%以上(希望は80%)は、自社での売り上げや予約がある方が経営は安定します。
SNS

田沢湖のリゾートホテル!SNSでの発信が少ない!レビューのまばらな返信が気になります!

まず1点目のSNSでの更新頻度、ツイッター、フェイスブック、インスタの3つがありますが、どちらも更新頻度が、月に1度程度の更新になっています。これは、リゾートホテルの営業を月に1度しか行っていないことを意味しています。SNSでの更新でリゾートホテルは営業している、毎日の情報の発信でお客様にリゾートホテルをアピールし続けなければいけません。
SNS

軽井沢のホテル!スタッフの教育が素晴らしい!リピートわかります!

この軽井沢ホテルのスタッフ「素晴らしい接客」です。どの観光業の皆様も見習って欲しい良い事例です。スタッフが以前に宿泊したお客様を覚える事で、リピートしていく流れが出来上がるからです。皆様もご存じかと思いますが、リピーターさん、リピートするという事は、経営に直結します。リピーターさんは、毎回、何度もホテルに予約してくれます。それも、新規のお客様ではないので、営業にパワーも経費を使うことなく、向こうから来店してくれます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました