ホームページ

HP

SNS

北海道層雲峡温泉の温泉ホテル!毎日SNSでローカル情報の発信!告知の重要性とは!

大きなホテルチェーンの1つでもありますので、スタッフも多いのでしょう、SNSの担当者もいて、しっかり発信も毎日、更新されています。SNSでの毎日の更新、発信をする事で、毎日、お客様へ告知をしているという意味になります。
SNS

鹿児島県吹上温泉の温泉旅館さん!グーグルレビュー!旅館からの返信記事があるとさらに予約は増えます!

この温泉旅館さんも、レビューにも高い評価の書き込みがされているので、ホテルのサービスにたいして、お客様も満足しているのが見受けられます。しかし、レビューの中でも、何点か改善して欲しい点を書いているお客様がいました。悪い評価までもいかないのですが、旅館のスタッフにたいして「この点を改善してほしい」などの要望が書かれています。
SNS

石川県輪島温泉の温泉旅館さん!HPにレビューあり!SNS!ブログ!たくさんの情報の発信で予約は増えます!

結論から言うと、素晴らしい内容のネット環境です。たくさんのブログやSNSがあり、たくさんの情報を発信されていて、レビューもOTAのサイトレビュー「楽天トラベル」「じゃらん」貼り付けのアドレスですが、自社のサイトからお客様のレビュー(書き込み)が見える状態になっています。
スポンサーリンク
SNS

海外のお客様からも評判の温泉旅館(湯布院の温泉旅館)!

日本政策投資銀行・日本交通公社の意向調査によると、アジア8か国の皆様にコロナ終息後に行きたい国のアンケートで日本がダントツの1位です。コロナ終息後は、海外のお客様がたくさん日本に押し寄せてきます。日本人は、人口減少とともに、旅行に行く世代が確実に減るという事です。その減った穴埋めとして、外国人観光客で補填をしていかないと旅館の経営は難しくなります。
SNS

OTAサイトのレビューを最大限に活かして集客する仕組み(東京のビジネス旅館)!

自社HPの全面にOTAサイトのクチコミを貼り付けてあり、数々の賞を取っています。トリップアドバイザーの統計では、新しいレビューを80%チェックすると統計もあります。8割のお客様が、新しいレビューを参考にして予約するという意味です。やはり、レビューはお店を経営する上で重要なツールになります。
SNS

SNSとレビューで新しい情報を発信すれば予約は増えます!(群馬県みなかみ温泉の温泉旅館)

トリップアドバイザーの統計でも、80%のお客様が、新しいレビューを必ずチェックするとの統計があります。せっかく、Googleレビューでは、高い評価なので、そのレビューを自社のHPに貼り付けるだけで、興味があって予約を検討しているお客様の背中を後押ししてくれます。自社のレビューがあるだけで、予約は伸びていきます。
SNS

ダイビング業界の繁盛店!SNSがHPを活かしている素晴らしい内容の事例です!

一番、感心したのは、商品のメニューの多さです。商品が階段状になっていて、ステップであがっていく感じです。単純に商品が50個あると、沖縄でダイビングを一年に一回のリピーターさんでも、1~50の商品のステップ、全部の商品を購買するのに、50年はかかります。50年間リピーターさんがいるという計算になります。この階段状、ステップ式の経営は、とても素晴らしいです。
SNS

ホームページでお店の強みが伝わらないと集客出来ません!(北海道の温泉旅館)

ホームページで温泉旅館の強みである「温泉」「料理」の写真や動画を全面に掲載する。SNSで毎日、温泉や料理、地元情報を発信する。レビューをホームページに貼り付けして、お客様の書き込みにたいしても、きちんと返信をする。この3つを加えるだけで予約は増えます。
SNS

八丈島の一棟貸しのお宿!HP温かみが伝わり素晴らしいです!

SNS、ツイッター、フェイスブック、インスタがあって、毎日、八丈島の情報の発信しています。八丈島の様子だとか、島のスーパーのお話など、地元情報が見れるのも嬉しいです。SNSを閲覧している興味のあるお客様からは、なかなか八丈島の様子がわからないので、この情報は助かると思います。このSNSでの島の毎日の情報発信のおかげで、温かみのあるHPが活かされている感じも見受けられます。
SNS

長野県信州松本の温泉旅館!SNSでの発信がないと予約は増えません!

素晴らしいお宿とホームページですが、情報が少ないのと新しい情報ではないのが現状です。ホームページで情報は発信していると誤解しがちですが、ホームページは、一度作ると固定されますので、一番古い情報になります。最新の情報ではないのです。これもホームページでの誤解になりますが、ホームページは、オーナーの想いが入っているホームページなら、カッコよくなくても問題はありません。それで、私は経費のかからない自前のホームページをお勧めしています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました