ホームページ

スタッフ教育のシステム

ひきつける接客術のシステム

旅館やホテルは「お客様の話を聞く」でリピート率があがる!

スタッフが親身に、お客様の話を聞く事で、理解や信頼がうまれます。イコール、リピート率が高くなります。当たり前ですが、リピート率が高くなると経営は安定します。経営を安定させるために、お客様の話を聞いてください!
スタッフ教育のシステム

信用から商品を買う!

ネットやメールでなくても、昔ながらの足で稼ぐ営業スタイルも基本は一緒です。顧客回りの営業中に、お客様から見積もりや問い合わせがあった場合、すぐに返信して下さい。すぐに返信しないとお客様は、誠意を感じません。誠意が伝わらないと、信用、信頼してくれません。すぐに返信しないと、信用や信頼がないので納得して商品を購入してくれません。
お客様のニーズでもある業務の効率化

業務の効率化のきっかけとは!

思考しないと変化も生まれず、きっかけもないので、行動する、前向きに動くこともありません。毎日、同じ時間が過ぎていくだけになります。思考すると疑問が出てきて、疑問がわいてくると修正をします。修正するために行動します。思考することで業務の効率化につながります。
スポンサーリンク
スタッフ教育のシステム

必ず書面で残す!

個人事業主や小さなお店にありがちな口約束を防ぐためです。書面で残すことが必要です。募集したスタッフが全員が全員、いいスタッフとは限りません。なかには雇い主との常識が通じないスタッフがいます。そのスタッフが条件違反、規則違反した際に、罰則で明記していると処分をしやすいからです。
お客様のニーズでもある業務の効率化

業務の効率化!簡素化とは!

皆様、日々の仕事の業務の効率化、今まで3時間かかっていた仕事が、2時間短縮の1時間で終える。業務の効率化をする事で、余った時間で、それ以外の仕事も出来るし、スタッフの仕事量の軽減にもつながります。業務の効率化、簡素化は、仕事をするうえで意識する大切な事項です。
アフターコロナ

リベンジ消費に向けてのスタッフを確保する!

観光業も一緒で、外国人観光客、インバウンドの稼働が増えてくると、対応できないことになるかも知れません。数か月後、数年後には、インバウンドリベンジ消費がやってきますが、その時の受け入れ態勢は整っていますか。スタッフの受け入れ態勢は問題ありませんか。
ひきつける接客術のシステム

3つの気をつけていること!

私が人と接する時に気をつけている3つになります。友達、恋人、夫婦、家族、お客様にも使え、この3つを意識する事で、人間関係が円滑になります。忙しくなると、ついつい、忘れがちになりますが、日々、気をつけながら実践してみて下さい。
SNS

クチコミは最大の営業!

一度、来店した事のあるお客様が、クチコミしてくれる可能性が、40.6%もあります。驚異の40.6%です。それは、良いクチコミも悪いクチコミも40.6%のクチコミをするという意味にもなります。良いクチコミをしていただけるように、来店のお客様を大切にして、良いクチコミをうながすように工夫や努力をする。
ひきつける接客術のシステム

スムーズな仕事の流れ!主導権を握るには!

添乗員、旅行会社ですので、旅行会社がお客様を送客する立場ですので、仕事上の立場的には、こちらが上、上からの立場です。しかし、私は、逆の事をしていました。先に頭を下げる、自分のメンツや立場はどうでもいいのです。全体の仕事の流れをどうつかむかが大事で、最終的には、お客様が満足して喜んでいただけたらいいのです。
ひきつける接客術のシステム

ブセナホテルの接客!

沖縄の高級リゾートホテル「ブセナリゾートホテル」スタッフ(フロント、ベルボーイ、ドアマン)は、お客様、宿泊客を名前で呼んでいます。名前を読んでいるだけではなく、全ての宿泊客の名前を覚えています。素晴らしい接客、素晴らし教育です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました