ホームページ

結論

SNS

鹿児島県吹上温泉の温泉旅館さん!グーグルレビュー!旅館からの返信記事があるとさらに予約は増えます!

この温泉旅館さんも、レビューにも高い評価の書き込みがされているので、ホテルのサービスにたいして、お客様も満足しているのが見受けられます。しかし、レビューの中でも、何点か改善して欲しい点を書いているお客様がいました。悪い評価までもいかないのですが、旅館のスタッフにたいして「この点を改善してほしい」などの要望が書かれています。
SNS

石川県加賀片山津温泉の温泉旅館!コロナ終息後のインバウンド需要はもうすぐ!外国語表記の発信は素晴らしいです!

2点目は、フェイスブックですが、記事内容に、日本語、英語、中国語の三か国語表記できちんと発信している点です。コロナ終息後を見据えてのインバウンド需要を見こしての発信です。コロナ終息後のインバウンドの需要にそなえて、今から準備している、海外のお客様に温泉旅館の素晴らしさをいち早く教えて、コロナ終息後のいいスタートが出来るように今から準備している点です。
SNS

大分県湯布院温泉の温泉旅館!今すぐにでも予約したくなるお宿!素晴らしい経営です!

SNSではインスタとフェイスブックを2名の担当者の名前を入れてほぼ毎日更新しています。自社のサイトにレビューを見れる状態にしてある宿泊業はとても少ないのが現状です。興味のあるお客様は、宿泊したいけど、他社との「比較対象の材料」や「評価の内容」を知りたいのですが、レビューがないと比較対象する材料がないのが現状です。OTAサイトレビューへのアドレスの貼り付けでも、評価の対象が出来るのでレビューが閲覧できる状態は評価出来ます。
スポンサーリンク
SNS

石川県輪島温泉の温泉旅館さん!HPにレビューあり!SNS!ブログ!たくさんの情報の発信で予約は増えます!

結論から言うと、素晴らしい内容のネット環境です。たくさんのブログやSNSがあり、たくさんの情報を発信されていて、レビューもOTAのサイトレビュー「楽天トラベル」「じゃらん」貼り付けのアドレスですが、自社のサイトからお客様のレビュー(書き込み)が見える状態になっています。
SNS

奈良県河川温泉の温泉旅館さん!グーグルレビューに返信は必須です!

結論から言うと、グーグルのレビューに、旅館からの返信記事がないのが気になりました。グーグルレビューには、良い評価が多く書かれています。悪い評価もありますが、悪いというより「少し高め」「コストパフォーマンスが悪い」とのレビューなので、悪い評価にはならないと思います。
SNS

SNSでの記事内容が興味のあるお客様に伝わりません!(箱館湯の川温泉の温泉ホテル)

北海道なので「今日の気温や雪情報」なども興味をひきます。周辺情報としては、季節の変わり目「桜が咲いている公園」お昼に食べて欲しい「ホテルスタッフが教えるラーメン」お土産「地元人気のお土産5選」観光地「ホテルスタッフがこっそり教える絶景スポット」など、湯の川温泉周辺の情報です。
SNS

ダイビング業界の繁盛店!SNSがHPを活かしている素晴らしい内容の事例です!

一番、感心したのは、商品のメニューの多さです。商品が階段状になっていて、ステップであがっていく感じです。単純に商品が50個あると、沖縄でダイビングを一年に一回のリピーターさんでも、1~50の商品のステップ、全部の商品を購買するのに、50年はかかります。50年間リピーターさんがいるという計算になります。この階段状、ステップ式の経営は、とても素晴らしいです。
SNS

大阪府のゲストハウス!

改善点の2つ目は、自社レビューの掲載になります。せっかく、グーグルのクチコミには、良い書き込みがあるのに、もったいないです。グーグルのレビューをゲストハウスの自社レビューに、コピーして貼り付けるだけでも効果はあります。グーグルのクチコミには「お部屋が綺麗だった」とあります。このホテルの強みでもあり、お客様が予約を決める要素の1つにもなりますので、このレビューを全面に出すべきです。
SNS

茨城県つくば市のビジネスホテル!

改善点の1つ目は、SNSです。ツイッターとフェイスブック、公式ブログがありますが、毎日、更新して下さい。記事内容は、ホテル周辺の居酒屋や食事が出来る場所を一日1店舗掲載して下さい。ビジネスマンの楽しみは、疲れた体をゆっくり休める場所と仕事終わりの一杯、地元の美味しい食べ物です。それで、ビジネスマンが欲しい情報を掲載していくという意味です。
SNS

北海道箱館市の中心地にあるビジネスホテル!

結論から言うと、改善点は2、3箇所あります。この改善点が改善出来れば確実に「予約数はあがり」「予約数の継続」が出来ます。HPとSNSが重要かと言うと「お客様の購買の流れ」「購買の心理」から「予約をするのか」「予約をしないのか」をHPとSNSで決めるからです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました